SISO59

SISO59

SISO59は日本初の完全無線左右分割型自作キーボードキットです。 技適取得済みBLEモジュールを使用しており、ファームウェアを用意することでレシーバーなしにPCやスマートフォンに接続できるキーボードとして動作します。 ビルドガイド: https://github.com/sekigon-gonnoc/SISO59-doc/blob/master/README.md ●キーキャップセットが映えるキー配置 一般的なキーボードに近いRow-Staggered配列となっており、1.25U・1.5Uのキーキャップも取り付けられるように50キーが配置されています。 ●3行x7列 + 4キー 上3行は7列なので、BやYを反対の指で押すようにしたり、デフォルトレイヤーに記号を置いたりできる余裕があります。 商品説明の画像のように、右手のホームポジションは2通り選べるようになっていて、内側に一列追加した人差し指重視配列・一般的なキーボードに近い小指重視な配置に変更可能です ●modulo対応 moduloペンダントと接続することでUSBキーボードとして使用することもできます。 ●主要部品実装済み・ダイオードレス設計 無線モジュールとその部品は実装済みで提供します。ダイオードレスの設計なのでPCBソケットと電池ホルダー、スイッチをはんだ付けするだけで完成します。 ※ダイオードレスでもゴーストは発生しません。 バッテリー寿命は接続するOSや設定によって変動します。デフォルト設定・Windows10・2.4Ahのバッテリーの組み合わせでは8000時間の計算です。(消費電流の測定値から予測した値です) ※相性が悪いUSB接続型BTアダプタと組み合わせると頻繁に接続が切れてしまう場合があります。(現時点で相性が悪いとわかっているもの:LBT-UAN05C2, Macbook Air2018?)

SISO59は日本初の完全無線左右分割型自作キーボードキットです。 技適取得済みBLEモジュールを使用しており、ファームウェアを用意することでレシーバーなしにPCやスマートフォンに接続できるキーボードとして動作します。 ビルドガイド: https://github.com/sekigon-gonnoc/SISO59-doc/blob/master/README.md ●キーキャップセットが映えるキー配置 一般的なキーボードに近いRow-Staggered配列となっており、1.25U・1.5Uのキーキャップも取り付けられるように50キーが配置されています。 ●3行x7列 + 4キー 上3行は7列なので、BやYを反対の指で押すようにしたり、デフォルトレイヤーに記号を置いたりできる余裕があります。 商品説明の画像のように、右手のホームポジションは2通り選べるようになっていて、内側に一列追加した人差し指重視配列・一般的なキーボードに近い小指重視な配置に変更可能です ●modulo対応 moduloペンダントと接続することでUSBキーボードとして使用することもできます。 ●主要部品実装済み・ダイオードレス設計 無線モジュールとその部品は実装済みで提供します。ダイオードレスの設計なのでPCBソケットと電池ホルダー、スイッチをはんだ付けするだけで完成します。 ※ダイオードレスでもゴーストは発生しません。 バッテリー寿命は接続するOSや設定によって変動します。デフォルト設定・Windows10・2.4Ahのバッテリーの組み合わせでは8000時間の計算です。(消費電流の測定値から予測した値です) ※相性が悪いUSB接続型BTアダプタと組み合わせると頻繁に接続が切れてしまう場合があります。(現時点で相性が悪いとわかっているもの:LBT-UAN05C2, Macbook Air2018?)

キット内容

キット以外に必要な部品